「古賀春江」 ラムネ温泉館美術室収蔵品の画家

シュルレアリスム古賀春江

古賀春江

高田力蔵と川端康成の友人、川端康成がこよなく愛した画家の一人、福岡県久留米市の善福寺の住職の長男として生まれる。
日本初期のシュルレアリスムの代表的な画家、川端との交友関係のきっかけは互いに犬好きだったから(高田力蔵画伯談)

高田力蔵との交流

病と戦いながら書き上げた名画「サアカスの景(絶筆とされる)」の署名の代筆を高田力蔵に頼む、断る高田へ「絶筆のようにみえるのが嫌だ」と願い、サインを入れてもらった。
犬好き(ブルドッグ)


広告

関連記事

ページ上部へ戻る