「川端康成」 ラムネ温泉館美術室収蔵品の作家

久住高原南登山口に来訪した川端康成

川端康成

日本人初のノーベル文学賞作家。
大分県の招きで久住高原に来訪、長湯の大丸旅館に宿泊しながら九重山の絵画を作画し、小説「千羽鶴」の挿絵を担当した友人の画家「高田力蔵」の案内で2度旅をして、その時の経験を背景として生かし、代表長編作の『千羽鶴』の続編『波千鳥』を執筆する(波千鳥は未完)
*『波千鳥』の連載第3回目に「荒城の月」のタイトルがついている。

国宝『凍雲篩雪図』が収められていた箱

国宝『凍雲篩雪図』が収められていた川端康成ゆかりの箱がラムネ温泉美術室で展示されてる。
犬の飼育を介して古賀春江と交流を持つ(高田力蔵画伯談)
犬好き。


広告

関連記事

ページ上部へ戻る