「サステナブル・ブランド ジャパン」にて現代湯治の先がけとして長湯温泉が紹介されました

ブランドが社会とつながる、持続可能な未来へ 「サステナブル・ブランド ジャパン」提携メディア:SB.com(Sustainable Life Media, Inc.)
にて、長湯温泉が紹介されました。

コロナ禍による働き方の見直しで、地方の観光地などに滞在しながら働くワーケーションに注目が集まっている。中でも古くから伝わる湯治文化を現代的にアップデートした「新・湯治」(観光省が推進)は病気の予防にもつながると期待される。その先駆けとして知られるのが大分県竹田市の「長湯温泉」だ。2019年には温泉療養の本場ドイツを参考にした長期滞在向け施設「クアパーク長湯」をオープン。実際に滞在し、その中心人物を取材すると、withコロナの世界で考慮すべき生き方が見えてきた。(写真・文 いからしひろき)

↓続きは・・・
https://www.sustainablebrands.jp/article/story/detail/1200752_1534.html


関連記事

ページ上部へ戻る