長湯温泉がある九州北部地方が梅雨明け

福岡管区気象台の発表で、7月20日の今日、「九州北部(山口県を含む)が梅雨明けしたとみられる」と報道されました。

長湯温泉では、7/5から7/6にかけて発生した九州北部豪雨のため、御前湯が、二日間の臨時休業をしていましたが、現在、営業を再開されています。
豪雨災害の影響等につきましては、各温泉施設や旅館に、訪れる際は、事前に電話にて、お問い合わせください。

また、長い期間、雨が続いたことにより、土砂災害が起こりやすくなっているので、降水量が多い日は、お気を付けください。

九州北部地方(山口県含む)が梅雨明け

きょう(20日)、福岡管区気象台は「九州北部地方(山口県を含む)が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。平年(7月19日ごろ)より1日遅く、 昨年(7月18日ごろ)より2日遅い梅雨明けです。

梅雨期間(6月6日から7月19日まで)の降水量は、福岡で310ミリでした。(この期間の平年436.6ミリ)

九州北部は今週末にかけても太平洋高気圧に覆われて、夏空が広がる見込みです。

※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。
※梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。
引用:日本気象協会 tenki.jp

2017九州北部豪雨後 長湯温泉 ドローン撮影(4K) 動画 20170711

国土交通省九州通れるマップ

http://www.qsr.mlit.go.jp/bousai_joho/tecforce/access.html


長湯温泉の入浴効果 長湯温泉 × Youtuber 女子 × 入浴体験



広告

関連記事

ページ上部へ戻る