WBC 日本 VS オーストラリア(豪) 試合結果 2017年3月8日

2017年3月8日に、WBC 第4回ワールド・ベースボール・クラシックB組の、日本代表「侍ジャパン」の第2戦、オーストラリア戦が行われました。
エース・菅野(巨人)が先発で登板、打線はキューバ戦と同じ。
二回、豪の7番デサンミゲルにソロ本塁打を打ち込まれ、先制点を許すも、5回に、松田(ソフトバンク)の、センターへの犠牲フライで同点に追い付きました。
6回に登板した千賀(ソフトバンク)が好投し、豪を押さえ、7回に中田(日本ハム)の1号ソロで、勝ち越し点を得ました。勢いを得た日本は、さらに8回、4番の筒香(DeNA)が右越えの2ランを打ち出し、日4、豪1とリードのまま9回へ。9回も、日本の好調が続き、2アウト2塁3塁となるも、3番青木(MBL・アストロズ)が3振に討ち取られ、得点ならず。
そのまま、9回裏も、オーストラリアを押さえ日本の勝利となりました。

この試合には「ガニ湯本舗 天風庵」内に事務局のある、ソフトバンクホークス公認 内川聖一選手後援会「天聖会」さんが応援する、内川聖一選手(大分市出身)も控えの選手として登録されていましたが、本日は出番はありませんでした。

勝敗結果

日本4-豪州1
日本の勝利

ラウンドと得点

1/2/3/4/5/6/7/8/9/ R
日:0/0/0/0/1/0/1/2/0/ 4
豪:0/1/0/0/0/0/0/0/0/ 1 


福岡ソフトバンクホークス公認 内川聖一選手後援会「天聖会」発足の経緯

「天聖会」は、天聖会の会長でもある「宿房翡翠之庄」のオーナー首藤文彦が内川選手のお母様と竹田高校の同級生で、内川選手も長湯温泉(大分県竹田市)に、何度も訪れたことがあったことから、発足された経緯があるそうです。

内川選手のお父様も竹田市の出身であり、法政大学進学後に、東京六大学野球でベストナインに選出されました。現在、高校野球の監督として、ご活躍されています。



滞在型外湯めぐりの宿「源泉かけ流し宣言」の長湯で温泉三昧 ガニ湯本舗 天風庵


四季の彩りと旬の食材を満喫 宿房 翡翠之庄


今日の出場・控え選手は以下の通りです。

日本スターティングメンバー

先発 菅野智之
1(指) 山田哲人
2(二) 菊池涼介
3(中) 青木宣親
4(左) 筒香嘉智
5(一) 中田翔
6(遊) 坂本勇人
7(右) 鈴木誠也
8(三) 松田宣浩
9(捕) 小林誠司

ベンチ入りメンバー
投手:牧田和久、平野佳寿、武田翔太、増井浩俊、岡田俊哉、、則本昂大、宮西尚生、、秋吉亮、松井裕樹、石川歩、藤浪晋太郎、千賀滉大
捕手:大野奨太、炭谷銀仁朗、内野手、田中広輔
外野手:内川聖一、平田良介、秋山翔吾


[広告]


オーストラリアスターティングメンバー
先発 アサートン
1(右) カンディラス
2(二) ベレスフォード
3(一) ヒューズ
4(中) デニング
5(左) ケネリー
6(三) ウェルチ
7(捕) デサンミゲル
8(指) オールティエン
9(遊) ハーマン

ベンチ入りメンバー
投手:ブラックリー、ベイリー、ケネディ、ケント、モイラン、ローランドスミス、ルジック、ソーポルド、サール、トルス、バンスティーンセル、ウェルズ、ウィリアムズ
捕手:パーキンス、ダントニオ
内野手:ニルソン、ウエード
外野手:ホワイトフィールド





侍ジャパン(日本)試合日程

侍ジャパンは、東京ドームで、1次ラウンドを、キューバ、中国、オーストラリアと対戦する予定です。
2017年3月7日(火) 19:00 日本  vs  キューバ
2017年3月8日(水) 12:00 中国  vs  キューバ
2017年3月8日(水) 19:00 オーストラリア  vs  日本
2017年3月9日(木) 19:00 オーストラリア  vs  中国
2017年3月10日(金) 12:00 キューバ  vs  オーストラリア
2017年3月10日(金) 19:00 日本  vs  中国
2017年3月11日(土) 19:00 プレイオフ


広告

関連記事

ページ上部へ戻る