体に良い「極上温泉」教えます! 心臓病 高血圧に効く @niftyニュース で長湯温泉が紹介

@niftyニュースで長湯温泉が、心臓病・高血圧に効く“特別な湯”として紹介。
また、エネルギー代謝率の上昇での、痩身効果も期待できるとされています。
日本有数の炭酸泉として知られる長湯温泉は、古くから湯治場として愛されてきた温泉地。
「飲んで効き 長湯して利く長湯のお湯は 心臓胃腸に血の薬」と歌われ、健康に良いお湯として知られています。

●心臓病・高血圧に効く
 命をも奪う“高血圧”。血を全身に送る役割を果たす“心臓”の病とも密接な関係にあるこの症状は、心筋梗塞、脳梗塞をも引き起こすのはご存じの通り。しかし、驚くなかれ。高血圧に効く“特別な湯”が存在するという。

「心臓病や高血圧に効くとされる“心臓の湯”の泉質は、ヨーロッパに多い炭酸泉(二酸化炭素泉)でしょう。炭酸ガスは、微温湯・低温泉によく溶けており、高温泉ではないので、心臓への負担も少ない。体の隅々まで血行を良くして、新陳代謝を促し、血圧を下げるのです」(石川氏)

 日本有数の炭酸泉として名高い長湯温泉(大分)は、その名の通り、“長湯”するうちに血圧が下がってくるという。エネルギー代謝率が上がるので、痩身効果も期待できるというから、ありがたい湯処だ。「ただし、炭酸泉は、日本にそれほど数多くはありません。しかし、“ぬる湯”であれば、血圧を下げる効果が見込めます。たとえば、板室温泉(栃木)や、榊原温泉(三重)など、ぬる湯のアルカリ性単純温泉も、高血圧や心臓病に効果的とされているんです」(温泉ライター) ぬる湯は、“体に優しい”温泉なのだ。
引用:@niftyニュース 体に良い「極上温泉」教えます!

記事では長湯温泉の他に、皮膚・外傷に効くお湯として、草津温泉(群馬)、湯田中温泉(長野)、姥子元湯(神奈川)、湯河原温泉(神奈川)、塩浸温泉、
胃腸・肝臓に効くお湯として、沢渡温泉御殿湯(群馬)、鳴子温泉郷(宮城)、嬉野温泉(佐賀)、
腰痛・肩こりに効くお湯として、打たせ湯の名湯酸ヶ湯温泉(青森)と乳頭温泉郷の黒湯温泉・孫六温泉(秋田)、などが紹介。


長湯温泉の入浴効果 長湯温泉 × Youtuber 女子 × 入浴体験

長湯温泉の温泉旅館、宿泊施設、温泉施設、飲食店の情報はこちらから
https://nagayu-onsen.jp/ryokan/



広告

関連記事

ページ上部へ戻る