梅雨にぬるめの温泉でリラックスして元気に!クアパーク長湯がグランドオープン くじゅう山開き

いよいよ、梅雨時期に入るシーズンとなりました。
毎日、雨が続くと身体がだるくなったり、あちこち痛んだりと、体調が良くないと感じる方が増える時期ですよね。

長湯温泉はぬるめの温泉なので、じっくりつかって熱いお湯が苦手な方も長湯できて体の芯から温まれることで好評の温泉。交感神経の興奮をおさまり、リラックスできると言われています。リラックス効果で身体も元気になりそうですよね!

クアパーク長湯がグランドオープン!

2019年6月2日に、いよいよグランドオープンするクアパーク長湯とは、どんなところでしょうか?

クア(Kur)はドイツ語で「療養、保養のための滞在」、パーク(Park)は「公園や駐車スペースのような広い土地」を意味します。クアパーク長湯は1Fが水着で入るBADE ZONEバーデゾーン。温泉プールと50mの歩行浴)、2Fが男女別浴室がある温泉棟。レストラン棟、コテージタイプの宿泊棟からなる複合施設です。

クアパーク長湯
https://www.kur-nagayu.co.jp/

くじゅう山開き

長湯温泉近くにある九州最高峰のくじゅう連山。

山開きは毎年六月の第一日曜日。
大船山と久住山の1年おきの交替で実施されます。
午前10時、山頂で神事があり、登山者 には記念品のペナントが配られ、くじゅう連山はいよいよベストシーズンを迎えます。
この頃は国の天然記念物のミヤマキリシマが満開で、登山者の心を癒して くれます。

1年交替で開催。山頂で安全祈願の神事や記念ペナントが配られます。また、前夜祭はイベントなどが行われる予定です。

この時期は、高山に自生するミヤマキリシマ(深山霧島)の開花期にあたり、ピンクのじゅうたんが登山者の目を楽しませてくれます。

前夜祭
2019年6月1日(土)
大分県九重町 長者原園地
17時30分~

山頂祭
2019年6月2日(日)
久住山山頂
10時30分~

長湯温泉 源泉かけ流し記念日

キャンペーン開催中です!
↓詳細は、こちら。
https://nagayu-onsen.jp/archives/5750/


関連記事

ページ上部へ戻る