長湯温泉 Japanについて

2016年4月の熊本地震発生後に、倒壊等の目に見えた被害が無いにも関わらず、震源地からほど近い地域や長湯温泉は、風評被害的に宿泊施設でのキャンセル等が相次ぎ、深刻な状態に陥りました。
そこで、長湯温泉Japanは、地域を元気づける意味も込めて、(株)情報開発研究所が運営する独自のメディアとして立ち上がりました。

また、弊社と以前から直接契約している長湯温泉マグナ様の魅力を、この機会にお伝えしていきたいです。

温泉水・ミネラルウオーター 長湯温泉マグナ

温泉水・ミネラルウオーター 長湯温泉マグナ


長湯温泉Japan運営企業のご紹介

長湯温泉Japanを立ち上げ、運営している株式会社情報開発研究所は、2011年4月22に設立登記した民間のIT企業です。地域に根差したホームページ製作・保守管理、システム開発、講習会、ドローン空撮等の業務に関する実績があります。

株式会社情報開発研究所は、起業当初から、高齢化率が日本一、二を争う極度の過疎高齢化に伴う経済的な衰退も進んだ地域にあるIT企業としても、起業当初から全国的に注目されています。

海外からの反響

最近では、弊社が運営するYoutube情報開発研究所チャンネルを通して海外からの反響があります。
ドローン空撮動画では、ドローン研究の盛んなアメリカ等から
youtube_access2
Culture of Japan(日本の文化)シリーズでは、アジアからのアクセスがあり
youtube_access1
海外からの反響もいただいております。

おおいたITフェアで二年連続1位

そして、2014年年に開催されたおおいたITフェアでは、16講演の中で動員数1位。

ITで大災害と向き合う~2012九州北部豪雨「経験したことが無い雨」非常事態の中で開発した災害復旧システム
講演:ITで大災害と向き合う~2012九州北部豪雨「経験したことが無い雨」
非常事態の中で開発した災害復旧システム

2015年の14講演あった中でも動員数1位で、二年連続となりました。

「未来を切り拓くドローンの可能性」
講演:未来を切り拓くドローンの可能性


長湯温泉Japanを、よろしくお願いします

広く弊社の独自創造性は評価を得ています。

そして、大災害の影響により、風評被害的な災害イメージに伴うより大きな地域経済の衰退が予測され、
弊社も倒産、廃業する可能性があります。
しかし、その中で、企業として存続できるように最大限の経営努力をしていきます。
また、この長湯温泉Japanにも、鋭意取り組んでおります。

今後とも、長湯温泉Japan、株式会社情報開発研究所をよろしくお願いいたします。


長湯温泉 Japanのコンテンツ

長湯温泉Japanでは、長湯温泉をドローン空撮した動画・4K写真を公開。
→ https://nagayu-onsen.jp/archives/category/drone-video/

長湯温泉の温泉水・飲泉文化
https://nagayu-onsen.jp/archives/category/onsensui-insenbunka/

長湯温泉 大分県の天然記念物
https://nagayu-onsen.jp/archives/categ

ページ上部へ戻る